トピックス

トップページ  入会申し込み  会員一覧   稽古案内

 

●全日本医師剣道連盟が日本武道協議会の平成15年度武道優良団体として表彰されました。


日本武道協議会は全国的または地域・職域において武道の振興に寄与し、特に顕著な成果をあげた個人および団体に対して、その功績を称え、 永久に顕彰するために武道功労表彰を行っている。その平成15年度武道優良団体として全日本医師剣道連盟が選ばれ、1月12日(財)日本武 道館主催の「鏡開き・武道始め」において表彰された。

日本武道協議会は昭和52年に財)日本柔道連盟、財)日本剣道連盟、財)日本弓道連盟、財)日本相撲連盟、財)日本空手道連盟、財)合気会、 財)日本少林寺拳法連盟、財)日本なぎなた連盟、社)日本柔剣道連盟および財)日本武道館の10団体で組織され発足した団体で、各団体の連 絡融和を図り、柔道、剣道、弓道、相撲、空手道、合気道、少林寺拳法、なぎなたおよび柔剣道を奨励してその精神を高揚し、もって健全な国民 育成につとめ、あまねく世界の平和と福祉に貢献することを目的としている。

なお、剣道の武道功労者としては、森島 健男 氏 (81歳 東京都)が選ばれた。

>>戻る